2017-07-23 07:23 | カテゴリ:歯列矯正
ブレスが外れてからもうすぐ5か月経ちます。
寝る時(10時間以上)にリティナーをするのですが、子供を寝かしつけて一緒に寝てしまう事も多くて、朝まで付け忘れる事もしょっちゅうです(^^;)

ところで、この前歯医者さんで半年ごとの歯の定期検診がありました。
ブレスがとれて初めての検診だったので、ドクターにもおめでとうを言われました
で、ホワイトニングにしてみるのはどう?と言われてやってみることに。
ホワイトニングは高いと思っていましたが、アメリカでは市販の20~30ドルの薬でもできるのですって。

ドクターに歯の色をチェックしてもらい、初めは「Crestの14日間のシールタイプ」でやってみて、と言われました。
薬の強さによって、3日間のタイプから10日間、14日間・・・と様々。
内容もリティナーに薬を付けて歯にはめるものや、薬の付いたシールを歯に貼るものなど数種類あるようです。

薬局で探すとCrestのものは鍵の付いたガラス戸の中にありましたが、同じもので普通の棚にあったドラッグストアブランドの物の方が安かったので、そちらを買いました。薬局の薬剤師さんに聞いても成分はCrestと同じものだということでした。

ホワイトニング
良く利用するCVSブランドの物。メンバーズカードで割引クーポンもあったので、15ドルくらいで買えました。

箱の中には青い包装のシート(写真の箱の下に映っている)。
が56枚入っています一日2回、上の歯と下の歯用、14日間分です。

袋の中には薄い透明なシートが入っていて、これを歯に貼ります。
前歯にペタッとはって、指の先でこすって歯に良く密着させてから余った分は後ろに折り返します。
そして10~15分するとシートが溶けてなくなるので、終了。
貼っている間は口を閉じていてもおしゃべりしていても大丈夫ですが、飲食はできません。
シートはそのうち全部溶けるので、口をすすぐ必要はないと書いてあります。
でも、私の口にはシートが大きいのか唾液がすくないせいなのか、なかなか溶けきらず気持ち悪いので
指で軽くこすり落として水ですすいでしました。

で、肝心の結果ですが・・・
ホワイトニングを始めて10日後に歯医者さんの再検診があり、歯の色をチェックしてもらったら、
先生の予想通り2段階くらい色が薄くなっていました。
その時にホワイトニングの薬の箱を持って行ったのですが、先生がすすめたCrestは溶解しないもので、
時間が来たらはがして捨てるタイプなので濃度が一定だけれど、CVSブランドの物は唾液で溶解されるので
その分濃度が薄くなったり、歯の先のシートが溶けやすい部分だけ色が落ちにくかったりすることもあるかも、
ということでした(先生は溶解するタイプのものはこの時初めて知ったらしく珍しがっていました)。
だけど、まあそこそこ効果はあったので、良いかな。
気になるようならCrestでもう一度やってみるか、リティナーに塗って使う薬を処方してくれるということでした。

真っ白にはならなくてもコーヒー染みは少し薄くなったので、私はもうこれ以上は面倒だしいいかな。
また気になったら同じ製品かCrestの2週間タイプを使ってみることにします。

ちなみにこの手のホワイトニングは日本では販売されていないので、アメリカのお土産にもいいかもしれないです。
2週間タイプなら薬もそれほど強くないし、ドラックストアで手軽に買えます。






スポンサーサイト
2017-07-11 08:23 | カテゴリ:おでかけ
カリフォルニアのいちご狩りシーズンは5月末~7月頃。
この時期101号線や海岸沿いを南に向かってドライブすると、広大ないちご畑といちご狩りをしている人々が目に入るので、気になるし、話題にも出るし、一度は行く人が多いようです。

  いちご畑

我が家はこれまで栗拾い、さくらんぼ狩りには行ったのですが、いちごデビューは遅い方??
先月初のいちご狩りに行ってきました。
いちご畑は日よけがないので暑そう、焼けそう、というイメージだったのですが今年は6月に入っても午前中は雲が出ていたり気温が低い日も多く、そこを狙っていってみました。

日本語でサンノゼ周辺のいちご狩りを検索して、ひっかかったのが、Gizdich Ranchという農場(ホームページにリンク)。
ギルロイのアウトレットモールから南にちょっと行ったあたり。 のどかな場所です。
青空と一面のベリー畑と山。なんて素敵

いちご畑と蔦のベリー畑(何ベリーだったか忘れました><)があって、入場料はどちらも無料。取った分だけ量り売りです。
まずはいちご畑から。いちごを入れる箱を入り口でもらいますが、これは一緒に計りにかけられるので、その重さ分有料ってこと(大した額ではないです)。

いちご

このレーンを奥まで歩いて行って、奥から順番にいちごを摘むように、と案内されました。
その場で食べるのは自由です。
ベビは結構食べてしまったのですが、後から考えるとオーガニックではないから農薬もついていただろうな。。

続いて別の種類のベリー畑へ。こちらは小さいプラスティックのバケツを渡されました。
やはり案内されたレーンに沿って実を摘んでいきます。
ベリー畑1

たくさんなっています。摘みながら少し食べました。黒い方が甘かったです。

ベリー畑

1時間もしないでフルーツ狩りは終了~。
続いて道路を挟んで対面にあるお土産屋さんの方へ。ここのアップルパイは有名なのだそうです。

ぱい

まだ午前中でしたが、ぎりぎりでアップルパイのラスト1ピースをゲットできました。本当に人気なのですね。
チェリーパイはまだ残っていました。

この後ギルロイのダウンタウンでニンニク料理を食べました。ギルロイはにんにくで有名です。
ギルロイ
ガーリックトーストとペンネのガーリックソース。ガーリック入りのクリームソースでした。
他にもガーリックスープとガーリック入りのトルティージャを頼みました。
どれも美味しかったです(^^)


2017-06-21 08:01 | カテゴリ:子育て
私も子供の頃にやりましたが、女子には必須事項のようで。

モアナに続いてはまっている遊びが眠れる森の美女のオーロラ姫ごっこ。
姫役はソファに寝ていて、王子役が馬(ロディ)に乗ってやってきて、姫にチュッとすると姫が目覚める。
そして二人は結婚して幸せになりました。

もう一つはシンデレラのガラスの靴。
時計役がボーン、ボーン・・・と時計の鐘の音を言うとシンデレラ役が「あ、もう帰らなくては」と走ってきて、
廊下の途中でスリッパの片方を脱ぎ捨てていく。
時計役がお城の役人となって、スリッパを拾ってシンデレラにはかせに行く。
「靴がぴったり!あなたがプリンセスです!」

役者が私とベビの2名しかいないので、役を交互に何回も何回も繰り返しています。
モアナごっこ、オーロラ姫ごっこ、シンデレラごっこ・・・これだけで1時間くらい遊んでいるかも。

ごっこ遊びが出来る年齢になったということですね。
兄弟や近所の友達がいればもっと役柄増やせるのにね。
せめて夕方パパが参加してくれば3人になるのに、パパは恥ずかしがって参加してくれません(^^;)

2017-06-13 04:12 | カテゴリ:子育て
昼のトイレトレーニングが完璧になってからすぐ、ベビがお風呂上りにオムツをはくのを嫌がり、プリンセスのパンツがいい!
というので、パンツで寝せることに。
12日間の結果、10勝2敗。
ベビのベッドのマットレスはカバーが防水なので、服を取り換えて拭けばいいのですが、たまに、ママ~と言いながら私のベッドに転がり込んでくるので、その時はちょっとハラハラしたりもします。
失敗した2回はベビーベッドだったので大惨事にはならなかったにせよ、夜中に眠い目をこすりながらお着替えと濡れたところを拭いたりはちょっと大変かな。
でも、一週間に一回くらいなのでだいぶベビも頑張っていると思います。
2回とも寝る前に水を結構飲んでいて、ちょっと危ないかな?と思った日だったので、水を飲んだらできるだけ寝る前ぎりぎりにトイレに行かせるとか、対策するようにしました。
そのうち回数も減るだろうし、夜中にトイレに行きたいと言えるようにもなるでしょう。

ただ、一つ今後の懸念事項としては旅行中どうするか、です。
飛行機内とホテルのベッド。
防水シートを一応持って行こうかな。


2017-06-13 03:58 | カテゴリ:子育て
モアナが洞窟でドラムを叩くと船が動き出して、歌が流れるシーンがあるのですが、ベビはそれがお気に入り。

去年のクリスマスにサンタさんからもらった太鼓をたたいて、「モアナが叩くとボートが来るんだよ」、
とベビが楽し気にモアナのマネを繰り返しているので、私がふざけて、太鼓のあとに「アウェ、アウェ~♪」とサビの部分を歌いながら勢いよく出てくると、それがとってもツボだったらしく、「ベビちゃん叩くからママもう一回あっちから来て」と。
ベビが太鼓をドン、ドン、ドコドン!と叩くと、私が「アウェ、アウェ~♪」と小躍りしながら後ろからやってくる・・・・。
ベビは飽きることなくそれが数日間繰り返されることに

私とベビがモアナ役と「アウェ、アウェ~♪」役を交代で繰り返す。
日に日に「アウェ、アウェ~♪」役はエスカレートして、かくれんぼ用のクローゼットに隠れたり、別の部屋に隠れていて、太鼓がなったら出てくるというパターンに。

ついに週末、小躍りしながら「「アウェ、アウェ~♪」する私をダンナが目撃して大爆笑。
ベビが「次はパパがあっちから出てきて」
「そんな恥ずかしい事できない!」と抵抗するダンナ。
しかし、ダンナが隣の部屋に物を取に行ったタイミングでベビが太鼓を「ドン、ドン、ドコドン!」とならして、「パパ来ないね~。太鼓したのにー。もう一回やってみよう。」と繰り返すので、仕方なくパパはちょこちょこ歩いてきて「アウェアウェ」とぼそっとつぶやいたのでした。